• 亜麻仁油の多様な健康・美容効果

    健康・美容志向が高まる中、体に良い油と悪い油が選別されるようになりました。

    M3Q情報といえばこちらです。

    体に良い油とは、一般的に体に脂肪が付きにくい油として認知されています。
    代表的なのは飽和脂肪酸の一種である中鎖脂肪酸で、体内での消化吸収や代謝が速く、悪玉コレステロールの減少や中性脂肪の循環を促進する働きがあります。また不飽和脂肪酸のうちオメガ3、オメガ6、オメガ9は体内で合成できない必須脂肪酸なので、食べ物から摂取する必要があります。
    こうした体に良い油として注目されているものの1つが亜麻仁油です。
    亜麻という植物の種から採れる油で、オメガ3脂肪酸に該当するα-リノレン酸が豊富に含まれています。


    α-リノレン酸は中性脂肪や悪玉コレステロールの減少、血流改善、肌の代謝の改善など健康・美容効果が極めて高い成分です。
    またα-リノレン酸は体内に入るとDHA・EPAに変化し、脳の記憶・学習能力を高めたり、血液をサラサラにする効果があります。



    亜麻仁油には、ポリフェノールの一種であるリグナンも含まれています。リグナンは女性ホルモンと似た働きを持ち、ホルモンバランスを整えて月経前症候群や月経痛を抑える効果が期待されます。
    さらに亜麻仁油にはゴマの2倍ほどの食物繊維が含まれ、便秘やそれに伴うむくみ・肥満・代謝低下などを改善する効果があります。亜麻仁油は加熱すると成分が変化してしまうので、サラダにかけたり、そのまま飲むなどして加熱処理を避けてください。

    1日の目安摂取量はスプーン大さじ1杯です。



    過剰に摂取するとカロリーオーバーになるため気を付けましょう。体に良い油を取り入れたい方は、体内で合成できない不飽和脂肪酸を効率よく摂取し、さまざまな健康・美容効果がある亜麻仁油が適しています。